<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
化学反応の結果は・・・?
ゴーK!の感想書きます。
麒麟さんとスムルース徳田さんとアシ嬢の小塚舞子さんの4人でスタート。

オープニングから初対面である徳田さんをいじる川島さん。
始まって1分ほどで「ミュージシャンぽくない」とか「ビジュアル系とは反対」とかいろいろ言いたい放題(に近かった気が
スムルースの曲を聴いたあと田村さんが「正直なめてました」宣言するなどとりあえず麒麟さんやりたい放題ですね(苦笑
でも、徳田さんもあんまり気にしている感じじゃなかったのでいい雰囲気でした。

コーナーはいろいろあったのですが番組宣伝の20秒CMを一発撮りで3つ作ることに。
前半10秒で出演者と日時を、残りの10秒を4人のうち1人でアピールということに。
まず一つ目「ありがとう浜村淳です」担当は田村さん。
始める前に「朝の番組やから」とか「映画」とか言ってたんですが時間配慮のミスによりまったく言えず(グッドモーニングくらいでした
二つ目は「ナニワミュージックショウ」で舞子ちゃんが担当。
「音楽と笑いの融合です」といった後あまりにも時間が空きすぎ、終わったと思ったらしい川島さんの「やばいやばい」という声が入ってしまう始末。
そして最後の「さてはとことん菊水丸」では川島さん。
完全にふざけてるようにしか取れない河内音頭を唄ってました。
…まあどれもゴーK聴いてない人には内容わからんCMとなってますね。

徳田さんのコーナーはタイトルコールを失敗したので仕切り直し。
キリンがなぜ首が長いのかという問題に真面目に考える麒麟さん。(夜食のため
結局答えられずお寿司は徳田さんのものに。

なんと天津が毎週レギュラーということで途中で登場。
番ちゃんの時と同じように舞子ちゃんのプロフィールを調べている向さん。
一方木村さんは"陽気な青年"という芸人にあるまじき肩書きだったり。
向さんのコーナーはウルフルズの"ええねん"という曲にあわせて〇〇でもええねんと替え歌。
川島さんの大暴投が笑えました。木村さんの詩吟のコーナーは4時代には似合わない…。

…など内容盛りだくさんの3時間。
麒麟ファンとしては満足です。
多少のぎこちなさも面白さとなっていました。
来週も聞くぞ〜。
| 麒麟 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
こんにちは〜また来ました゚+.(o´∀`o)゚+.゚
ゴーK結構おもしろかったですね(*゚∀゚)
川島さん、徳田さんをイヂくりまくりでしたねえww
また今週が楽しみですw
| まったりカナ公 | 2006/04/11 9:18 PM |
こんばんわ〜。

ゴーK!、最初はどうなるかと思っていたけれど最終的には結構仲良くなっていましたね。
今週もさらに面白くなっているといいですね。
今から楽しみです。
では。
| まどか | 2006/04/11 9:46 PM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://realistic.jugem.jp/trackback/222